© Shin-ei Mori (GEO)


★ about CD

★ about DVD

宇川彩子

10歳からタップを始める。加藤邦保氏に師事。
1993
年よりJAM TAP DANCE COMPANY公演に参加。
TAP
の巨匠、Dr.Jimmy Slydeとの共演で彼のTapに魅了され、
Improvisation Tap(Jazz
との即興演奏)を始めジャズ界へ。
2000
年、キングレコードより「The TAP」でCDデビュー。
2003
年、m-squareレーベルよりライブDVDCDを発売。
日野皓正、日野元彦、山本剛、本田竹広、鈴木良雄ら、
日本を代表するジャズミュージシャンと共演。
2003
年からは、より広い音楽活動を展開。
フラメンコとタップダンスの融合をテーマにした「あぴをんと」など、
現在4つの音楽ユニットを手掛ける。
全国各地で精力的にライブ活動を行う傍ら、日本では珍しいインプロ専門のクラスや、
全国各地でのワークショップなどで、後進の育成にも力をいれている。
2006
年より、パリ在住のSarah Petronio女史に師事。
年に一度はパリを訪れ、2009年には、女史と共にバルセロナタップフェスティバルに出演。
活躍の場を世界へと広げている。

1994年から続くタップジャムセッションの草分け、PENSACOLA TAP JAMのホストを務め、
CD”TAP DANCE STANDARD”を、プロデュース。
2010
5JAM TAP DANCECOMPANの公演では、振付、演出をてがけるなど、様々な分野で活躍中。

2014年現在
大塚雄一(アコーディオン)、高木潤一(フラメンコ・ギター)と、フラメンコとタップダンスの融合をテーマにした「あぴをんと」。
MAYU (tap)KOTEZ(blue harp)、北川涼(g)と「なまはむめろん」。
伊澤陽一(スティールパン)、田ノ岡三郎(アコーディオン)と「パンナコッタ」。
タップダンサー4人(PORI、戸津晃子、レオナ、宇川)のユニット「TAPAS」を手掛ける。

加藤邦保率いるJAM TAP DANCECOMPANY、ゴンザレス鈴木プロデュース Kids meet JAZZ !
浦上雄次率いる Inserch of “JAZZ”に参加。




Ayako Ukawa

Ayako Ukawa started tap at age 10, studying with Kuniyasu Kato of
Jam Tap Dance Company. Mr. Kato was responsible for bringing
Jimmy Slyde to Japan on several occasions and Ukawa was influenced
toward jazz and tap improvisation. She began to perform
in Tokyo jazz clubs and in 2000, released a CD, THE TAP,
of jazz with tap dance percussion. Ukawa has also performed with
accordion and with flamenco guitar as musical partners.