◆About CD◆ 「The TAP」 宇川 彩子  
| back |

キングレコード KICJ-398 
¥2.667(without tax)

1.Watermelon Man(ウォーターメロン・マン)
2.St.Thomas(セント・トーマス)
3.Au Privave(オー・プリヴァーヴ)
4.A Night In Tunisia(チュニジアの夜)
5.Candy(キャンディ)
6.I Got Rhythm(アイ・ガット・リズム)
7.La Fiesta(ラ・フィエスタ)
8.C Jam Blues(Cジャム・ブルース)
9.Mr.Bojangles(ミスター・ボージャングル)
【特別TRACK】
10.C Jam Blues(binaural version)
(Cジャム・ブルース バイノーラル・ヴァージョン)

<MUSICIAN>
宇川彩子(tap) 多田誠司(as) 今泉正明(p) 塩田哲嗣(b) 広瀬潤次(ds) Vino Rosso:藤原清登(b)、鈴木良雄(b)

<SPECIAL GUEST>(M5)
タップ+2ベース:ヴィノ・ロッソ<藤原清登(b)&鈴木良雄(b)

<C Jam Blues>(M8、M10)
タップ4人によるアカペラ:宇川彩子(tap)、松本晋一(tap)、加藤忠(tap)、サム・清宮(tap)


【曲目解説】                        (解説 森川 進)

1.Watermelon Man(ウォーターメロン・マン)
 楽器としてのタップをアルパム全体に正式にフィーチャーしたこのCD(本邦初の試み?)は、宇川のソロ・タップで幕をあけます。まるで映画の1シーンを観ているようなこのイントロからは彼女の並々ならぬ気迫も伝わって来ます。  やがてタップがテンポとリズムを設定しべースパターンが加わり期待感の高まった頃おなじみのテーマが登場します。タップでビシッとブレイクをキメタ演奏。

2.St.Thomas(セント・トーマス)
 ラテン的なお祭り騒ぎをイメージした演奏。タップの音の「軽み」を表現するために通常の木の板とアクリル製の板をならべてフレーズによって踏み分けました。途中ハンドクラップ(拍手)をバックにタップと広瀬潤次のドラムがソロを交換するところは、仲間が集まって宴会をやっているような楽しい気分にさせてくれます。

3.Au Privave(オー・プリヴァーヴ)
 チャーリー・パーカーのブルース。4ビートのリズムでタップがベースと掛け合い、この2つの楽器の相性の良さを証明します。後半ピアノのソロのバックでタップがべースと一緒にリズムを刻むところも気持ちよいです。タップ、ベース、ピアノの3人による演奏。

4.A Night In Tunisia(チュニジアの夜)
 アルパム前半のクライマックス。タップを柱にバンド全員がそれぞれの見せ場をつくるアレンジも見事。多田誠司の情熱的なアルトとの掛け合いなど、宇川彩子の「ジャズ的」な資質を強く感じさせる演奏。

5.Candy(キャンディ)
 アルパム後半の最初は豪華ゲストを招いての演奏。ヴィノ・ロッソは藤原清登(左チャンネル)、鈴木良雄(右チャンネル)の世界的にもめずらしいペースだけのデュオ.グループ。2人とも我が国を代表するべーシストとして世界的な評価も高まっています。何とも賛沢な編成と言えましょう。ここでは、若手の演奏とは一味ちがった成熟した大人のイキな持ち味と華やかな雰囲気を楽しんでもらえればと思います。  曲の後半の3人によるフレーズの交換はまるで会話をしているみたいではないですか?

6.I Got Rhythm(アイ・ガット・リズム)
 伝統的なタップのイメージ。今泉正明の「ブン・チャン、ブン・チャン」といったストライド・ピアノと塩田哲嗣の「カチカチ」というスラップ・ベース(ベースの弦をたたいて演奏する)がオールド・ファッションドな雰囲気をつくりだし、タップと絶妙のマッチング。後半、タップがアッチェルランド(加速)して新しいテンポを設定し限界に挑むかのような早いタップが繰り広げられる部分も聞き物。また、ピアノのソロのバックで、ふと間こえなくなった時などに逆に、タップの存在感を覚えたりもします。

7.La Fiesta(ラ・フィエスタ)
 ベーシストのチャールズ・ミンガスが、かってフラメンコ・ダンサーと共演した名盤がありましたが、ハンド・クラップではじまるこの演奏はまさにフラメンコのイメージを彷佛とさせます。中間部のタップ・ソロに顔をだすスライド(タップ・シューズで板を引っ掻いて音を出すテクニック)のカッコ良さ。ちなみに私もハンド・クラップとして参加しましたョ。

8.C Jam Blues(Cジャム・ブルース)
 うってかわって、タップ・ダンサー4人だけによるア・カペラ演奏。 本来メロディー楽器でないタップ・シューズがメロディーを紡ぎ出す不思議さ。単純なリズムがだんだん複雑に絡み合い山場を形成していく面白さ。(チラリと2曲目のセント・トーマスのハンド・クラップのリズムも回想されます。)集団タップによる力強い音のイメージをお楽しみください。

9.Mr.Bojangles(ミスター・ボージャングル)
 このアルバムの本編の最後を飾るのは、伝説のタップ・ダンサー、ビル・ロビンソンを讃えた曲。サミー・デイビスJr.の18番としても有名なこの曲のことは、おそらく世界中の全てのタップ・ダンサーが大切に思っている事でしょう。故日野元彦氏から譲り受けたタップ・シューズ(チップをゆるめに付けて、カチャカチャ音がします。)を履いての演奏で、深い表現力をたたえたタップの音を味わってください。(尚、このトラックの後、約1分間音の空白があります。)

【特別TRACK】
10.C Jam Blues(binaural version)
(Cジャム・ブルース バイノーラル・ヴァージョン)→ヘッド・ホンでお楽しみください!
 アルバム本編は(で終わりですが、お楽しみトラックとしてCジャム・プルースのバイノーラル録音ヴァージョンを収録しました。演奏自体は*と同一ですが、ダミー・へッドという人間の頭部にそくっりの機械を使う特殊録音方式で収録されているため、このトラックをへッド・ホンで聴くと前後左右からリアルに音が聞こえて来ます。 テーマの後、宇川彩子がタップを踏みながら頭のまわりをグルグル回っている様子が間き取れましたか?